犬のアトピー110番●犬のアトピー性皮膚炎について
〜アトピー性皮膚炎の皮膚の状態〜

生まれつき皮膚が薄く弱いワンちゃんは、セラミドなどの脂質が不足しがちなために、皮膚の表面の“皮脂層”が剥がれて、皮膚がカサカサになりやすいのです。

さらに皮脂層の欠落により、ダニやカビなどのアレルゲンが体内に侵入しやすくなり、アレルギー反応を起こす引き金となります。

アトピー性皮膚炎の皮膚はこんな状態になっています。


  学術監修:長谷川篤彦先生(日本大学獣医臨床病理学教授)
|
|
|
|
|